駅弁大学とは?

駅弁大学とは?

駅弁大学がどんな大学かというと、1946年の学制改革によって新しく設置された新制大学です。学制改革とは学校の制度を改革することで、アメリカ教育使節団報告書に基づいたものでした。批評家の大宅壮一が以下の内容を言ったため駅弁大学という呼称が広まったと言われています。急行の止まる駅に駅弁あり、駅弁あるところに新制大学あり。 戦前に大学といえば、旧帝国大学を指していたため、新しく乱立された国公立大学を嘲笑する人たちがいたためこの蔑称が広まりました。

全国・地域別の大学偏差値情報や大学ランキングは偏差値マップへ!

有名な駅弁大学一覧

有名な駅弁大学一覧

駅弁大学とは、昭和21年の学制改革に伴って、「急行電車の停車駅には必ず大学がある」と言われるほど急増した新制大学を揶揄した言葉です。一般的に、旧制の大学を除いて「都道府県名+大学」と名の付く国立大学は駅弁大学と言われています。とはいえ、その中でも有名で偏差値の高い大学は存在します。千葉大学、岡山大学、広島大学、金沢大学、熊本大学、長崎大学、新潟大学は、全国の大学偏差値ランキングでもMARCHや関関同立よりも上位に位置しておりますので、「駅弁大学」と嘲笑されるいわれはないのではないでしょうか。

偏差値を80に上げるなら!逆転合格の武田塾

就職率が良い駅弁大学

就職率が良い駅弁大学

駅弁大学とは、急行列車が停車する駅には駅弁が販売されているのと同様、戦後に設立された地方国立大学のことを言います。駅弁大学は就職率が悪いという意見もあるようですが、もちろん就職率の良い大学もあります。例えば、香川大学は、金融業や公務を中心に高い就職率を誇っています。このように、大学ごとに就職に強い業種というのがあるので、目指している業種があるのであれば、大学受験をする際にしっかりと調べておくと良いでしょう。

就職率が悪い駅弁大学

就職率が悪い駅弁大学

地方に立地する国立大学の中で入学難易度の目安となる偏差値がそれほど高く無い大学が、俗に駅弁大学と呼ばれる学校です。該当する大学の就職率は様々ですが、福島大学・山形大学・新潟大学辺りは率が悪いとの情報があります。偶然にも東北・北陸の大学が挙がりましたが、共通する事情としては地元に大企業があまり存在しない・都市圏からの物理的距離の開きが大きいという事情があります。就活そのもののハンデとなる要素であり、就職率に影響している事が考えられます。

駅弁大学の偏差値について

駅弁大学の偏差値について

有名私立大学などと比べ駅弁大学は偏差値が低いと言われます。そもそも駅弁大学と言うのは旧帝国大学以外の国公立大学で県名や地名が大学名になっているところを総称して言う言い方です。駅弁大学の受験偏差値は少し低めとなっていますが大学のレベルが低いということはありません。国公立大学はセンター試験を受ける必要があり、理系でも国語や社会、文系でも数学や理科を受験する必要があります。それに対して私立大学は理系ならば理系、文系ならば文系科目のみで受験することが出来るので偏差値んに差が生まれます。