駅弁大学の偏差値は低い?

駅弁大学の偏差値は低い?

駅弁大学とは、第二次世界大戦後に多く設立された新設の国立大学のことで、一般的に偏差値が低いとみなされていますが、全ての駅弁大学の偏差値が低いわけではありません。

一部の大学では専門的な研究が行われており、有名教授も在席しています。そのようなところでは、旧帝国大学並みの入試難易度をほこっています。

駅弁大学が敬遠される理由としては、立地が地方であったり、就職率が良くないことがあげられます。

確かに、一部の駅弁大学では、就職率が低く、定員割れが発生しているところもあります。

しかし、偏差値が非常に高いところも存在し、難関国立大学の範囲に入るところもあります。一概に、駅弁大学だから偏差値が低く、就職率も良くないとは言えないのが現状です。

駅弁大学とMARCHが比べられるのは何故?

駅弁大学とMARCHが比べられるのは何故?

駅弁大学とMARCHはよく比べられますがそれは偏差値が同じ位であるためで、どちらの大学に入学した方が良いか考える人が沢山いるからです。

卒業後の進路に関しても甲乙付け難いのでどちらの方に入学するのが良いか考えてしまうことが多いために、それが原因で比べられるようになっています。

またお互いに対抗心を持っている場合が多いために、駅弁大学とMARCHは好敵手として考える人が多いことも比べられる要因となっています。

MARCHの関西版が関関同立大と言えますが、これらの大学はMARCHよりも比較的人気が高いこともあり駅弁大学と比べられることはあまりないです。

そのため結局偏差値や卒業後の進路などどちらに入るのが良いか何とも言えない部分があるために、駅弁大学とMARCHはよく比較されるのです。

駅弁大学の理系は強い?

駅弁大学の理系は強い?

第二次世界大戦後に、地方に新設された国立大学のことを、総称して駅弁大学と言います。駅弁大学は、旧帝国大と比較して、就職率があまり良くないとされています。

確かに、一部ではそうですが、研究の質が極めて高く、有名な研究者を輩出しているところも多くあります。

特に、理系ではその傾向があり、一部の駅弁大学の大きな強みになっています。特に、神戸大学や筑波大学は、理系が強い大学として有名で、数学に関係がある経済学などでも名が知れています。

また、横浜国立大学も駅弁大学とされていますが、難関校で知られており、特に経済学では有名です。駅弁大学と言っても、質が極めて高い大学も存在しており、特に理系に関しては極めて強いところもあります。